メニュー

胃・十二指腸の病気(胃潰瘍・胃がんなど)

胃や十二指腸(胃と小腸を繋ぐ消化管)の病気で多いのは、ピロリ菌などによって起こる胃潰瘍・十二指腸潰瘍です。その他に、胃がん・胃粘膜下腫瘍などがあります。

 

当日診察のうえ、胃内視鏡検査を行うことも可能です。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

ピロリ菌、薬物、飲酒、喫煙等で胃や十二指腸の粘膜が傷つけられて起こる病気です。

症状として、胃の痛みや胸やけ、膨満感等があります。内視鏡で検査をして病気が確認されたら、薬物による治療を行います。

胃がん・胃粘膜下腫瘍

胃にできる腫瘍を指します。初期の自覚症状がほとんどないため、内視鏡検査で偶然に発見されることもあります。進行してくると、腹痛、吐き気、食欲減退、嘔吐の症状が現れます。

胃がんなどはヘリコパクター・ピロリ菌の関与が示唆されています。

内視鏡検査で検査します。

 

当日診察のうえ、胃内視鏡検査を行うことも可能です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME